監修:慶應義塾大学医学部 循環器内科特任准教授
心臓カテーテル室主任 林田 健太郎先生
監修医からのメッセージ

大動脈弁狭窄症は進行性疾患であり、自然に治ることはありません。
また、重症であっても症状を自覚しにくい場合もあります。
重症以上まで進行した場合、適切なタイミングで手術治療を受けることが大切です。
近年、治療の選択肢が増えていますので、高齢だからと諦めずに、
全ての治療法を理解した上でご自身の価値観や希望を医師に伝えて相談しましょう。

もっとTAVIを知ろう!

動画ライブラリ

  • 大動脈弁狭窄症の手術治療法 10:39

    大動脈弁狭窄症の
    手術治療法

  • TAVIのアプローチ法 経大腿アプローチ 02:23

    TAVIのアプローチ法
    <経大腿アプローチ>

資料請求

TAVIのおはなし

TAVIのおはなし
カテーテルによる
大動脈弁狭窄症の治療

2021年10月11日

TAVIを受けられる医療機関に川崎医科大学附属病院が追加されました。

2021年9月1日

TAVIを受けられる医療機関に東京都立多摩総合医療センター、香川大学医学部附属病院が追加されました。

2021年8月23日

TAVIを受けられる医療機関に青森県立中央病院が追加されました。

TAVIを受けられる医療機関を検索したい。
より詳しい情報をご覧になりたい方へ

PAGE TOP