心臓弁膜症の一つ、大動脈弁狭窄症のことをよく理解するために、
まずはじめに、心臓の仕組みや働きから見ていきましょう。

先生 先生

心臓の仕組み・働き

心臓は、健康的な生活のために最も大切な臓器です。

心臓は、全身に血液とともに酸素を供給する、ポンプのような役割をしています。
全身に酸素を届けたあとの血液(静脈血)は右心房から右心室へ戻り、肺動脈から肺に送られます。肺で酸素を受け取った血液(動脈血)は左心房から左心室へ送られ、大動脈を通って全身をめぐり、酸素を届けます。
この一連の動きは休むことなく、1日におよそ10万回も繰り返されています。

心臓の働き
心臓の働き
ピンチで拡大する
血液の流れを一方向に維持するために、心臓内の4つの部屋にはそれぞれ“弁”があります。
心臓の仕組み
ピンチで拡大する

心臓弁膜症とは

心臓にある弁に障害が起き、本来の役割を果たせなくなった状態を「心臓弁膜症」といいます。
弁の開きが悪くなり血液の流れが妨げられる「狭窄」と、弁の閉じ方が不完全なために血液が逆流してしまう「閉鎖不全」があります。
4つの弁のうち、「大動脈弁」と「僧帽弁」に多く起こる疾患です。
心臓弁膜症の原因には、先天性と後天性(リウマチ熱、動脈硬化、心筋梗塞、変性など)があり、原因を特定できないものも多くあります。かつては、リウマチ熱の後遺症として心臓弁膜症になることが多かったのですが、現在は抗生物質の普及により、リウマチ熱を原因とする心臓弁膜症は減少しています。代わりに加齢に伴う弁の変性や石灰化によるものが増えています。

心臓弁膜症 心臓弁膜症

患者数は?

我が国における心臓弁膜症の患者数は推定200~300万人とされており1、高齢化が進む日本では患者数が年々増加していますが、その症状に気づかず、受診に至らない患者さんも多くいるといわれています。

心臓弁膜症の患者数
ピンチで拡大する
  • 1:Nkomo VT, Gardin JM, Skelton TN, et al. Burden of valvular heart diseases: a population-based study.Lancet. 2006;368:1005-11.の米国における心臓弁膜症
    有病率を、日本の18歳 以上の人口に適用し算出した推定数。
心臓弁膜症の患者数

大動脈弁狭窄症とは

心臓弁膜症の代表的な疾患である大動脈弁狭窄症は、特に、高齢化の進む先進国において広がりを見せています。
大動脈弁狭窄症の罹患率は60-74歳で2.8%、75歳以上で13.1%と報告されており、同一の研究報告から、本邦における60歳以上の大動脈弁狭窄症の患者数は約284万人、そのうち重度の患者数は約56万人と推計されています2
年々増加する傾向にある大動脈弁狭窄症に対する治療は、高齢化が進む日本において、重要な課題の一つとなっています。

日本の患者数
  • 2:De Sciscio P, et al. Quantifying the shift toward transcatheter aortic valve replacement in low-risk patients. Circ Cardiovasc Qual Outcomes. 2017;10:e003287.
日本の患者数

心臓の大動脈弁が硬くなり、開きにくくなる「大動脈弁狭窄症」。
重症になると、突然死に至ることもあります。

大動脈弁狭窄症とは心臓弁膜症のひとつで、大動脈弁の開きが悪くなり、血液の流れが妨げられてしまう疾患です。軽度のうちはほとんど自覚症状がありませんが、病状が進むと動悸や息切れ、疲れやすさなどの症状が現れ、重症になると失神や突然死に至る可能性もあります。大動脈弁狭窄症の原因には、加齢性、リウマチ熱、先天的要因の主に3つがあげられます3。以前はリウマチ熱により大動脈弁狭窄症が発症するケースが多くみられましたが、リウマチ熱に対する治療が確立されたため、最近では加齢性が最も多い原因であると言われています。

大動脈弁
大動脈弁

大動脈弁狭窄症の症状とは?

大動脈弁狭窄症は、聴診とエコー(体外から超音波で心臓を観察する方法)によって診断されますが、息切れや動悸、疲れやすさなどの症状が徐々に進行するため自覚しにくいのが現状です。
症状 胸痛や失神などの重い症状が出て初めて自覚したり、心不全と診断され入院後に判明する場合や、検診時の聴診で心雑音を指摘されて見つかることもあります。
大動脈弁狭窄症は、はじめは弁という一部分の病気ですが、進行すると心筋(心臓を動かす筋肉)という心臓全体の病気になります。そのような状態になると、いくら一部分である弁を取り換えても心筋の障害は回復せず、心臓は元通り働くことができなくなります。
大動脈弁狭窄症は自然に治ることはないので、心筋の障害が進行する前に早期の診断と治療をすることが非常に大切です。

症状
無症状期間のグラフ 無症状期間のグラフ
ピンチで拡大する
  • 4:Lester SJ, Heilbron B, Gin K, et al.The natural history and rate of progression of aortic stenosis.Chest.1998;113:1109-14.
  • 5:Otto CM.Timing of aortic valve surgery.Heart.2000;84:211-8.

TAVIが受けられる医療機関を検索したい。
より詳しい情報をご覧になりたい方へ

PAGE TOP