TAVIの適応

TAVIは、高齢であったり、他の併存疾患を持っている患者さんなど、手術リスクの高い重症大動脈弁狭窄症の患者さんが適応となります。

大動脈弁狭窄症の3つの治療法

大動脈弁狭窄症に対する治療法としては、「保存的治療またはBAV(バルーン拡張術)」「外科的治療」「TAVI」の3つの選択肢があります。詳しくは、下記一般向けTAVIサイト「3つの治療法について」にてご紹介しておりますのでご覧ください。

3つの治療法についてはこちら

TAVIとは

TAVIには、「経大腿アプローチ(TF)」と「経心尖アプローチ(TA)」の2通りのアプローチがあります。詳しくは、下記一般向けTAVIサイト「TAVIについて」にてご紹介しておりますのでご覧ください。

TAVIについてはこちら

TAVIの適応診断プロセス

ハートチームが以下のプロセスで適応に関して詳細な評価を行います。患者さんのTAVI適応判定については、ハートチームで実際に評価し詳細な検討の上で決定されるため、お近くのTAVI実施施設にご相談ください。

資料:TAVIの適応診断プロセス

*1 SAVR(外科的大動脈弁置換術):開胸し、大動脈を切開して機能が低下した大動脈弁を取り除き、人工弁を縫い付ける方法。人工心肺装置を用いて、心臓を停止させた状態で行う外科手術。

*2 BAV(バルーン拡張術):カテーテルを用いて狭窄した大動脈弁まで風船を運び、一時的に膨らませて弁を大きく開くことで、開閉のうまくいかない弁を開きやすくする方法。TAVIへのブリッジ治療として、または診断的治療としてバルーン拡張術が再び見直されています。

BAV適応の患者:心原性ショック / 低心機能 / 認知症 / 感染 / 非常に虚弱 / 弁輪径の計測 / 非心臓手術前のリスク低減

TAVIの適応判定

様々な要因を考慮してハートチームで総合的に判断します。

資料:SAVR or TAVI

STSスコアやEuroスコア等の周術期リスクスコアも参考にしながら総合的に判断します。

同じSTSスコアで
虚弱度の異なる患者事例
写真:同じSTSスコアで虚弱度の異なる患者事例
Porcelain Aorta
(全周性の大動脈石灰化)の事例
写真:Porcelain Aorta(全周性の大動脈石灰化)の事例

虚弱(Frailty)はTAVIの適応を判断する際に重要視されます。
Frailtyの評価指標として最も簡便なClinical Frailty Scale1では、非常に元気な人を1、終末期の人を9として分類していますが、Frailtyがより低ければTAVI後の予後が良いと考えられています。

資料:Clinical Frailty Scale1

1. Canadian diabetes association clinical practice guidelines expert committee. Diabetes in the elderly. Can J Diabetes. 2013;37:S184-90.

ガイドライン(2014年日本循環器学会ガイドライン抜粋)

TAVIの適応(非解剖学的)

説明:TAVIの適応(非解剖学的)

TAVI:経カテーテル大動脈弁植込術,AVR:大動脈弁置換術,EuroSCORE: European System for Cardiac Operative Risk Evaluation,STS:米国胸部外科学会

日本循環器学会. 循環器病ガイドシリーズ2014年版. 先天性心疾患、心臓大血管の構造的疾患(structural heart disease)に対するカテーテル治療のガイドライン 2015.p.68.

TAVIの適応(解剖学的)

説明:TAVIの適応(解剖学的)

TAVI:経カテーテル大動脈弁植込術,CT:コンピュータ断層撮影

日本循環器学会. 循環器病ガイドシリーズ2014年版. 先天性心疾患、心臓大血管の構造的疾患(structural heart disease)に対するカテーテル治療のガイドライン 2015.p.68.

次のページ

TAVIの臨床成績へ