先生たちに出会えたから、今がある。         その出会いに、感謝しています。

あんなに苦しかったのに、今はおしゃべりできるのが楽しい。

友達とのおしゃべりや趣味の習字が楽しめるように

入院されなくなってから、1年ほど経ちますが、今はどのようにお過ごしですか?

息子さん 昨年の暮れに父が亡くなってから、今は1人で暮らしています。

松村きみ子さん もう、遠くまでは歩けないし、重たい荷物が持てないので、買い物には行けないです。洗濯物も洗濯機にほうり込めないし、干せないの。それは息子にやってもらっています。でも、家の中を歩いたりするのはそんなに差し支えなくて、動けるから少しは料理もして、自分が食べるものは作っています。2014年の9月から、家にいてもしょうがないし、運動しようというので、デイサービスに週に2回行っています。お習字も書かないと下手になるから、たまに1人で書いたりして。あと、同じ時期にTAVIを受けて、一緒にリハビリしてお友達になった人と電話でおしゃべりしたり、近所のお友達がうちに来てくれるからお話したり。

渡邊先生 松村さんはしゃべるのが好きだからね。でも、以前は、肩で息をしながらしゃべっていたから辛そうでした。

松村きみ子さん 今は楽。全然苦しくないの。

渡邊先生 明るいから、看護師さんともすごく仲良くなったよね。人気者なんですよ。

松村きみ子さん 「病院に来たら、寄ってね」って言われるから、先生に診てもらう時に、病棟まで上がっていくの。喜んでくれて、「またおいで」なんて言ってくれるから、通院も楽しいです。

お互いに、出会えたことが嬉しい

ps08_image_06

治療を実際に受けられて、どう感じられましたか?

松村きみ子さん お友達が、「あなた、いい先生に会ったじゃない。だから、助かったんだ」と言うから、「そうだよ。感謝しているんだ」って。今の思いは、感謝だけです。

息子さん 近くの総合病院の先生が渡邊先生を紹介してくれてなければ、どうなっていたか分からないよね。

松村きみ子さん 総合病院で担当してくれた先生に会えなかったら、渡邊先生にも会えないし。もう死んじゃっていたかも知れないしね。

息子さん よく「奇跡だね」と言われます。状態が悪くなった時に、TAVIが始まってくれたので、タイミングがよかったんだと思います。

渡邊先生 確かに。その前だったらちょっと難しかったですね。

松村きみ子さん いいときに、いい具合になってくれたんだ。ありがたいと思っています。

今水流先生 ハートチームは、外科、内科の垣根なく、みんなで循環器疾患の集学的治療(*5)を実施して、患者さんが元気に帰ってもらうための医療チームです。私たちがTAVIという新たな武器を1つ手に入れたことはとても大きな意義のあることだと感じています。TAVIが導入される前は、外科医として大動脈弁置換術(*6)に取り組んできましたが、その適応のない患者さんには手をこまねいていました。松村さんは、まさにその例でしたが、TAVIがあることでこんなに元気になるというのは、僕らも勇気づけられるし、励みになりますね。

では最後に、これからTAVI を受ける可能性のある患者さんにメッセージをお願いいたします。

松村きみ子さん TAVIを受けてよかったです。だって、自分がこうなったんだから。今は何も苦しくないですからね。

息子さん 実際に母の経過を見ていますからね。人によってだと思いますけれども、うまく合えばこうなるんだ、と思いました。

渡邊先生 TAVIが合うかどうかは私たちが判断しますからね。

今水流先生 私たちは、患者さんが元気になって帰ってもらえれば一番いいですからね。

渡邊先生 患者さんが元気になれば、私たちも活力をもらえます。高齢でも元気になる可能性がある治療なので、医師にTAVIを勧められ迷われている方には躊躇せず、少しでもよくなる可能性があることを信じてチャレンジして欲しいですね。

 

*5 内科、外科など専門領域の異なる医師、看護師や放射線技師など治療にかかわるメンバーが、それぞれの専門分野の知識や技術を持ち寄り、患者さんにとって最適と思われる治療方針を検討し、行う。

*6 開胸し、大動脈を切開して機能が低下した大動脈弁を取り除き、人工弁を縫い付ける方法。人工心肺装置を用いて、心臓を停止させた状態で行う外科手術。AVR(AorticValve Replacement)。

ここに掲載された情報は、あくまで一般的な解釈に基づき疾病・治療法情報を提供する目的で作成されたものであり、 特定の手技等を推進するものではありません。個々の患者さんの診断および治療方法については、必ず医師とご相談ください。

登場者プロフィール

  • 患者さん

    松村 きみ子さん
    (92歳)

  • 息子さん

    松村 健司さん

  • 監修

    渡邊 雄介先生
    帝京大学医学部附属病院
    循環器内科 助教

    2003年 筑波大学卒業
    災害医療センター 臨床研修医
    2005年 榊原記念病院 循環器内科 レジデント
    2009年 榊原記念病院 循環器内科 医員
    2011年 Institut Cardiovasculaire Paris Sud, Clinical Fellow
    2013年 帝京大学医学部附属病院 循環器内科 助教
    現在に至る

  • 監修

    今水流(いまづる) 智浩先生
    帝京大学医学部附属病院
    心臓血管外科 講師

    1995年 筑波大学卒業
    2002年 筑波大学臨床医学系 助手
    2008年 筑波メディカルセンター病院
    2011年 帝京大学医学部附属病院 心臓血管外科 助教
    2012年 帝京大学医学部附属病院 心臓血管外科 講師
    現在に至る

その他のストーリー

ここから先は、エドワーズライフサイエンス株式会社が運営しているホームページから離れ、 別のホームページに移動します。


はい いいえ