治療後は、娘夫婦や近所の人に助けられ、       元のように元気に暮らしています。

東京オリンピックがあるから、長生きしないと。

先生や看護師さんに支えられ決心

かなり悩まれていたようですが、最終的に決心をなさったのはなぜですか?

長谷川静子さん 主治医の三竿あゆみ先生が、入院中、ほんまによう来てくださったんです。「なんか、困ることがあったら言って」と言われて。看護師さんが、「三竿先生も、福先生もおられるけ、頑張り」と言うてくださったのを覚えとります。最終的には、手術の承諾書に名前を書く時に、後藤先生に説明していただいて、「ええ先生についたな。先生に自信があるんじゃな」と思うて心が決まりました。

後藤先生 それで、そのまま9月にTAVIを行いました。

TAVIが終了した後は、どのようなお気持ちでしたか?

長谷川静子さん 麻酔が覚めたときは、生きとったなあと思いました。それから、後藤先生が「手が動くか? 足が動くか?」と言うて来てくださったんです。

後藤先生 心臓の治療は済んだけれども、脳卒中を起こして車椅子で帰っては不成功ですよね。歩いて来られた人は、歩いて帰らないといけない。だから、目が覚めた時にお話ができて、手足が動くというのを確認して初めて成功と言えるのです。長谷川さんのベッドに寄って、それを確認して、私もほっとしました。その後、入院してから13日目に退院されています。

先生 左足に偽痛風の症状がみられたので、退院を延ばしたんですよね。

術後半年ほどで、驚くほど元気に

ps07_image_05

治療が終わった後の体調はいかがですか? 入院中、そばにおられた主治医の三竿先生も様子を見に来られていますね。

三竿先生 治療前は、「おうちまでの坂道もなかなかしんどくて」と言われてましたね。その時より、顔色もよさそうで、健康そうな感じがします。

長谷川静子さん はい、風邪も1回も引きませんし。

三竿先生 「東京オリンピックがあるから、まだ長生きせんといかん」と言われたのを覚えています(笑)。

先生 私の記憶では、退院されて1カ月後に来られた時に、ちょっと足が痛いとおっしゃっていましたね。

長谷川静子さん ちょっと左足が偽痛風で動くことが大儀になりました。息苦しさはなくなったんですけど、あのときは足のほうが痛かった。

先生 でも、その次にお会いした時には、「すごく調子がいい」とおっしゃったのをよく覚えているんです。患者さんの病状や状況にもよりますが、長谷川さんの場合は退院して半年後でした。その間は、紹介元の高梁中央病院の先生に診ていただいていて、非常にお元気そうだという話は聞いていましたが。本当に、最初に治療する前のイメージとかなり変わり、体の見た目といい、血色といい、お元気で、すごいなと感じました。

長谷川静子さん 私は、先生がじろじろ見よられるから、どうしたんじゃ、と思いました。これ、悪うなっとるんじゃろうかって。先生には聞かなんだですけど。

先生 じろじろ見ましたかね?(笑) すみません、仕事なのでね。

さん 退院して3カ月ぐらいは私の家にいたんですけど、手術した後、息苦しさもなくなり、歩くのもみるみるうちに速くなりましたね。見違えるくらい元気になっていました。

長谷川静子さん ここ(娘の家) にお世話になったら、もういけんと思ったから、12月11日に、家に帰りました。

さん もうお正月が来るから、そろそろ帰らなきゃって。

ここに掲載された情報は、あくまで一般的な解釈に基づき疾病・治療法情報を提供する目的で作成されたものであり、 特定の手技等を推進するものではありません。個々の患者さんの診断および治療方法については、必ず医師とご相談ください。

登場者プロフィール

  • 患者さん

    長谷川 静子さん
    (92歳)

  • 娘さん

    長谷川 悦子さん

  • 監修

    後藤 剛先生
    倉敷中央病院
    循環器内科 部長

    1979年 岡山大学卒業
    倉敷中央病院内科 研修医
    1981年 倉敷中央病院内科 医員
    1985年 倉敷中央病院 循環器内科 副医長
    1995年 倉敷中央病院 循環器内科 部長
    2009年 倉敷中央病院 臨床研究センター
    主任部長(兼任)
    (2014年4月より
    倉敷中央病院 臨床研究推進部に名称変更)
    現在に至る

  • 監修

    福 康志先生
    倉敷中央病院
    循環器内科 部長

    1995年 千葉大学卒業
    京都大学医学部 老年科
    1996年 倉敷中央病院 内科
    1997年 倉敷中央病院 循環器内科
    2011年 倉敷中央病院 循環器内科 部長
    現在に至る

  • 監修

    三竿 あゆみ先生
    倉敷中央病院
    循環器内科 医員

    2011年 香川大学卒業
    倉敷中央病院 初期研修医
    2013年 倉敷中央病院 循環器内科
    現在に至る

その他のストーリー

ここから先は、エドワーズライフサイエンス株式会社が運営しているホームページから離れ、 別のホームページに移動します。


はい いいえ