「もっと元気に長生きできる可能性が出てきますよ」  信頼する先生のひと言が決め手でした。

これまでは看取ることしかできなかった方達の命を
救うことができることがすごくうれしいですね。

新しい経カテーテル治療、TAVI

ps03_image_02江頭先生に受診されていたとのことですが、同じ循環器内科の林田先生に受診されたのはいつごろからなのでしょうか?

林田先生 2013年に入ってからですね。夏ごろ、大動脈弁狭窄症の治療に関して、どうしたら良いかというご相談が江頭先生からありまして。大動脈弁狭窄症は心臓の弁がすごく硬くなって、そこから出る血液量がどうしても少なくなるので、どんどん進行していきますからお薬では完治しません。弁自体を治療してあげないといけないのです。

大動脈弁治療は開胸手術(*2)が一般的ですが、牛山さんの場合はなぜTAVIでの治療になったのでしょうか。

林田先生 弁自体の治療は開胸手術ができれば、それが標準的な治療ではあるのですが、牛山さんの場合は頭の血管にー部細い所があって、人工心肺を回してしまうと脳梗塞の危険性が高いという懸念がありました。当院では外科、内科、その他の科の医師が集まるハートチーム(*3)で週1回カンファレンスを行っているのですが、そこでみんなで牛山さんにとって一番良い治療法についてディスカッションした結果、新しい経カテーテル大動脈弁治療、TAVI(タビ)と言いますが、TAVIを行うことになりました。

牛山さんはTAVIで治療を受けられましたが、どのような患者さんでもTAVIを受けることができるのですか?

林田先生 たとえば年齢が若い方やほかの疾患の心配がないなど、外科的な手術を問題なく受けられる患者さんには開胸手術を行います。また、ご高齢の方でも手術の危険性が低い方に関しては、開胸手術が標準的治療です。牛山さんの場合は、先ほども少し触れましたが、脳の血管が一部細くなっており、人工心肺を回すことで頭にいく血流が減り、脳梗塞になってしまう可能性がありました。そうすると心臓の治療が成功しても後遺症が残るかもしれないということでハートチームで議論し、TAVIでの治療を決定いたしました。

TAVIは新しい治療法ということでしたが、それに対して不安はありませんでしたか?

牛山精一さん 私の娘がいろいろ調べてくれましてね。林田先生が苦労されて海外で(TAVIの)お勉強をされていたということを知りまして、信頼できる先生だと感じました。そういうご苦労をされて、日本で最初にプ口クターというTAVIの指導医資格(*4)を取得されたそうですから、私は林田先生に対して絶大な信頼感を持っております。そして、そんな信頼している林田先生から、忌憚のない言葉で「牛山さんの大動脈狭窄症は治療しないでおくと、普通1、2年で命を落としてしまうでしょう。でも、治療受けられればもっと元気に長生きできる可能性が出てきますよ。」と言われたのです。それで私は心底からTAVI治療を受け入れました。

TAVIはどのように新しい治療なのでしようか?

林田先生 今まで大動脈弁狭窄症の患者さんで、開胸手術ができない方達はどうなっていたのかというと、亡くなられていたんです。そういうとき、私のようなカテーテルインターベンションというカテーテル治療を専門にしている内科医は何もできなくて、ただ看取ることしかできないのです。それはすごく無力感があります。しかしTAVIという治療法のお陰で、これまでは看取るしかできなかった方達のその命を救うことができるようになったのがとてもうれしいですね。また、皆さん大変良くなって退院されて、外来で再びお会いできることもすごくうれしいです。慶應義塾大学病院ではこれまで11人の患者さんにTAVI を行いましたが(*5)。皆さん大変良くなって、1日で集中治療室から全員出られていて、重篤な合併症というのは1例も出ていないで出ていないですね。そして、約1週間くらいで退院されています。最短では3日後に退院されていますね。

牛山精一さん 私は10月25日に治療を受けて31日に退院ですから、約1週間入院していましたね。

ps03_image_03心臓の治療ですが、入院の期間は短いのですね。

林田先生 総じて開胸手術よりは入院期間が短くてすむということで、患者さんの負担も軽いです。特に牛山さんは82歳とまだお若い方ですが、患者さんにはもっとご高齢の方もいらっしゃいます。例えば90代の患者さんですと、1日でも早く帰してあげたいですね。年配の方は、寝ている時間が長くなると筋力も落ちてしまいますし、どんどん動けなくなるという悪循環につながりますので、長期間入院するというのは逆に危険なこともあります。私は治療をするだけではなくて、患者さんにご自身で歩いてお家に帰っていただくということをすごく重視しています。そして、以前と同じくらい動ける、日常生活を以前と同じようにキープできる、もしくは改善できるようにしていければと心がけております。

これからもどんどんTAVI適用の患者さんが増えていきそうですね。

林田先生 とても増えてくると思います。大動脈弁狭窄症は年齢を重ねるとだれもがかかりうる病気ですし、高齢とともにどんどん進行していきます。特に日本は高齢人口が多いですので、患者さんは多くなるでしょう。また、大動脈弁狭窄症自体が直接的に命に関わる病気ですので、TAVIは非常に大事な治療法だと思います。現在の製品・医療機器の安全性がさらに高まったり、今後は治療を受けて元気に日常生活を営まれる患者さんの数も増えてくると思いますので、そうするとTAVIはますます増えていくのかなと思いますね。

 

*2 胸を開いて心臓を露出し、悪くなった弁を人工のものに取り換える外科的な手術

*3 TAVIは、カテーテル治療専門医(主に循環器内科)、心臓血管外科医、麻酔科医、心エコー医および看護師、理学療法士、放射線技師、臨床工学技士などのコメディカルが各専門分野のノウハウを結集し、一人ひとりの患者さんにとって最適な治療法を検討、選択することによってはじめて可能となる。この専門家集団を「ハートチーム」と呼ぶ。

*4 日本でのTAVIの安全導入のため、エドワーズライフサイエンス社が設定した企業資格

*5 インタビュー時点

ここに掲載された情報は、あくまで一般的な解釈に基づき疾病・治療法情報を提供する目的で作成されたものであり、 特定の手技等を推進するものではありません。個々の患者さんの診断および治療方法については、必ず医師とご相談ください。

登場者プロフィール

  • 患者さん

    牛山 精一さん
    (82歳)

  • 監修

    林田健太郎先生
    慶應義塾大学医学部
    循環器内科 専任講師
    2000年 慶応義塾大学医学部卒業
    2009年
    Institut Cardiovasculaire Paris Sud (ICPS).フランス留学

    2012年
    慶應義塾大学 循環器内科 助教

    2013年
    慶應義塾大学 循環器内科 講師

その他のストーリー

ここから先は、エドワーズライフサイエンス株式会社が運営しているホームページから離れ、 別のホームページに移動します。


はい いいえ