大動脈弁狭窄症に対する治療法として、
3つの選択肢があります。

3つの治療法 3つの治療法
ピンチで拡大する

カテーテルを使った治療法(TAVI=Transcatheter Aortic Valve Implantation)も選択肢の1つです。

大動脈弁狭窄症に対する治療法は症状の進行度合いによって変わってきます。症状が軽い場合は、薬による保存的治療が選択されますが、これは症状を和らげたり進行を抑制することを目的としており、狭窄した弁の根本的改善の治療というわけではありません。よって、重症の狭窄に対する治療法は弁を取り換えることになります。

保存的治療

保存的治療では、症状の緩和や進行の抑制を行います。
弁そのものを治すわけではなく、薬でその時の状態よりも症状を緩和したり、進行を抑制することによって、心臓にかかる負担を取り除きます。
薬による治療の効果は、定期的に検査を行って再評価することが必要になりますが、大動脈弁狭窄症が重症になると、薬による治療の効果は限定的で、開胸手術かTAVIが必要になります。

定期的検査 定期的検査

心臓弁膜症の主な症状と、処方される代表的な薬

心臓弁膜症の薬 心臓弁膜症の薬
  • ※症状が軽いうちは効果が期待できますが、重症の場合は効果があまり期待できません。

開胸手術(弁置換術)

開胸手術(弁置換術)

悪くなった弁は薬で元通りに治すことはできません。
弁を根本的に治療するには、弁の取り換えが必要ですが、開胸手術(弁置換術)はゴールドスタンダードとなっています。
心臓弁膜症の症状はゆっくりと進行することが多く、心臓に負担がかかっていても、心臓本来の働きを補おうとします(代償機能)。
そのため、患者さん自身が自覚症状をあまり感じていないということがよくあります。
しかし、早期に手術を受けるほうが術後の経過や心臓の機能回復がよいため、手術のタイミングを適切に判断することが重要となります。

開胸手術(弁置換術)で使用される人工弁

開胸手術(弁置換術)で使用される人工弁 開胸手術(弁置換術)で使用される人工弁

TAVI(経カテーテル治療)

TAVI(経カテーテル治療)
  • 重症の大動脈弁狭窄症に対する治療法で、開胸することなく、また心臓も止めることなく、カテーテルを使って人工弁を患者さんの心臓に留置します。
  • 低侵襲(治療のために患者さんの体を傷つける度合いが少ないこと)に加えて、人工心肺を使用しなくて済むことから、患者さんの体への負担が少なく入院期間も短いのが特徴です。
  • TAVIは、高齢のために体力が低下し、またはその他の疾患などのリスクを持っているため、開胸手術を受けられない患者さんなど、手術が困難な患者さんが対象の治療法です。そのため治療に伴い、合併症が発生することもありますので、治療実施の判断には医師の診断が必要です。
  • ※個々の患者さんの容態または施設によって異なります。

3つの治療法の比較

3つの治療法の比較 3つの治療法の比較
  • ※上記の記述は個々の患者さんの容態または施設によって異なります。

TAVIが受けられる医療機関を検索したい。
より詳しい情報をご覧になりたい方へ

PAGE TOP